物損事故は被害者にとって損

人身事故ではなく物損事故になった場合、被害者は自賠責保険に対し賠償請求を行なえない、加害者が刑事処分や行政処分を受けないという不利益なことが起こります。ほかにも不利益になるようなことはありますが、注意しなければいけないのは人に対する損害が出ているのに物損事故として処理されてしまう場合があるということです。

仮に人身事故になるような交通事故が物損事故として処理された場合には、後遺症が残っても逸失利益や慰謝料を受け取ることが不可能になり、治療が長引いた場合でも損害賠償請求を行なうことができません。加害者の保険会社によって早期に通院が打ち切られてしまうリスクもあり、警察は民事不介入で事故記録だけ作成し詳しい調査が実施されなくなるといった問題が起こります。
軽傷であったとしても、被害が出ている以上は病院で診断書を作成してもらい、物損事故として扱われてしまうことがないようにしなければ、被害者側には損しかありません。

なお、交通事故の発生時ではなく、事故後数日が経過して痛みなどの症状が起こることもあります。この場合には物損事故として泣き寝入りするしかないかというと決してそのようなことはありません。交通事故問題に強い専門家の力を借りることにより、人身事故への切り替えが実現する可能性があります。

人身事故と物損事故の違い

交通事故には大きくわけて人身事故と物損事故の2種類があります。名前も違えばどういう事故なのかも違います。まずはこの2種類の事故の相違点を理解しておきましょう。

まずは人身事故ですが、人に被害が出た場合の交通事故のことを指します。死傷者や怪我人が発生した場合の交通事故を、人身事故と呼びます。これに対し物損事故ですが、物に被害が出た場合の交通事故のことを指します。怪我人が発生することなく、自動車や建物といった物が損壊した場合の交通事故を、物損事故と呼ぶのです。

人身事故、物損事故は損害賠償請求の内容に違いがあります。すべての自動車が加入を義務付けられている強制保険の自賠責保険を例に出すと、人身事故のケースでは120万円、死亡時は3,000万円を上限に受け取ることが可能ですが、物損事故のケースでは自賠責保険に対し損害賠償請求を行なうことができません。

また、人身事故と物損事故では加害者の処分に関する違いがあります。建造物に突っ込んだような場合や当て逃げを除いて、物損事故の場合は刑事責任を追うことも、行政上の責任を負うこともありません。一方、人身事故の場合は加害者に罰金の支払いが命じられたり、免許の点数が加点されたりします。

被害者にとってはなんとなく物損事故のほうが不利という感じはしたでしょうが、ほかにも多くのデメリットが物損事故にはあります。このことなどは別のページで解説していますので、気になる方は内容をご覧になってみてください。