物損事故は被害者にとって損

人身事故ではなく物損事故になった場合、被害者は自賠責保険に対し賠償請求を行なえない、加害者が刑事処分や行政処分を受けないという不利益なことが起こります。ほかにも不利益になるようなことはありますが、注意しなければいけないのは人に対する損害が出ているのに物損事故として処理されてしまう場合があるということです。

仮に人身事故になるような交通事故が物損事故として処理された場合には、後遺症が残っても逸失利益や慰謝料を受け取ることが不可能になり、治療が長引いた場合でも損害賠償請求を行なうことができません。加害者の保険会社によって早期に通院が打ち切られてしまうリスクもあり、警察は民事不介入で事故記録だけ作成し詳しい調査が実施されなくなるといった問題が起こります。
軽傷であったとしても、被害が出ている以上は病院で診断書を作成してもらい、物損事故として扱われてしまうことがないようにしなければ、被害者側には損しかありません。

なお、交通事故の発生時ではなく、事故後数日が経過して痛みなどの症状が起こることもあります。この場合には物損事故として泣き寝入りするしかないかというと決してそのようなことはありません。交通事故問題に強い専門家の力を借りることにより、人身事故への切り替えが実現する可能性があります。